借入時の注意事項


実際に借入が必要になった場合は、以下の点に注意して利用しましょう。

借入額は必要最小限にしておく
審査によっては自分が希望した金額より多く借入できる場合がありますが、自分の返済能力を考え借入は適切な金額にとどめておきましょう。

借り入れ期間は出来るだけ短くし、返済期日を守る
借入期間が短ければ利息も安くてすみます。ただし、自分の月収と照らし合わせて無理の無い返済計画に基づいて設定しましょう。また、返済期日が守れないようでは今後の契約内容に悪影響を与えます。返済期日をしっかり把握しておくことが大切です。

契約書をよく読み、利息・返済方法などをしっかり理解する
どのような返済方式で毎月いくらの支払いか、最終的にいくらの利息を支払う事になるかなど、しっかり把握しておきましょう。わからないことがあれば借入先に相談し、理解できるまで説明を受けるようにして下さい。

契約書の写しを受け取り、返済時の領収書は毎回保管する
万が一、何らかのトラブルが発生した場合の事を考えて契約書の写しと領収書は保管しておきましょう。契約書の写しは発行されるもの以外に自分でもコピーして保管しておくのが確実です。
ページトップへ
[消費者金融について]へ


Copy right(C)2009
頼れる金融
All Right Reserved.



無料で簡単!
無料ホームページ ホムペ倶楽部
ホームページ作成!