一本化について


一本化とは複数の金融会社にある借入を一つの金融会社にまとめることです。具体的には、金融会社Aで借りたお金で他の金融会社への借入を返済し、以後の返済先を金融会社Aにまとめる、という方法です。

うまく一本化できれば利息の計算も簡単になって返済プランも立てやすくなりますし、毎月の返済額も抑えられるというメリットがあります。

一本化自体は債務の返済に有効な手段ですが、一方で闇金融が好んで用いる宣伝文句でもあり、よく「低金利」「一本化」という言葉で融資勧誘をおこっております。なるべく金利の低い所で一本化したいと思うのは当然のことですし、それだけにそういった闇金融による被害が多いようです。

また、一本化しようと思う頃には既にどこからも借入できないという状態が多く、思わず闇金融に手を出してしまったという話もよくあります。大切なのは借入件数が少ないうちに返済計画を見直し、必要であれば安全な業者で一本化に関する相談をしてみることが大切だと思います。

一本化について、他にも注意すべき点がいくつかあります。ひとつは、一本化は多重債務への入り口にもなりかねない、ということです。一本化で借入件数を減らしたことによって新たな借入が可能となり、毎月の返済額も減って気が緩んでいたせいか、つい浪費などの理由で再び他社から借入をし、余計に借金を増やしてしまったということがよくあります。一本化後は特に、自己管理が大切です。

もう一つの注意点として、一本化は早期返済と相反する場合が多いと言う事です。一本化によって月々の返済額を減らす事は生活をうまくやり繰りするにも重要なポイントだと思いますが、逆に返済期間を延ばすことにもなります。

結局、何を目的にして一本化するかは人それぞれですが、一本化とはあくまで毎月の利息分を抑えるためのものであることを念頭におき、それを利用して早期返済するという姿勢が大切だと思います。
ページトップへ
[消費者金融について]へ


Copy right(C)2009
頼れる金融
All Right Reserved.



無料で簡単!
無料ホームページ ホムペ倶楽部
ホームページ作成!