返済が遅れる時は


まずは契約先の金融機関へ連絡する事が大切です。延滞を連絡無しに放置しておくと二ヶ月ほどで信用情報機関に事故情報として記録され、今後の借入が圧倒的に不利になります。

契約先の金融機関との交渉により入金額の引き下げや返済日を数日後にしてもらうなどの措置がとってもらえることもありますので、その際には具体的な返済の意思をはっきりと伝えましょう。

もし、うっかり返済を忘れた場合や遅れるとわかっている場合は、早めに自分から連絡をし、いつ返済するのかはっきりと伝えることによって、業者も良心的に対応してくれます。

毎月の返済日には、必ず忘れずにきちんと返済することをお勧めいたします。
ページトップへ
[消費者金融について]へ


Copy right(C)2009
頼れる金融
All Right Reserved.



無料で簡単!
無料ホームページ ホムペ倶楽部
ホームページ作成!